突然のつらさ…過敏性腸症候群が漢方薬で治った?

 
過敏性腸症候群と漢方薬

 

過敏性腸症候群、読み方は「かびんせいちょうしょうこうぐん」、英語では「Irritable Bowel Syndrome」、略称は「IBS」。

電車など公共の場で急に腹痛が襲ってきたり、受験などの試験や会社でのプレゼン中などに下痢で腹痛が襲ってきたり、おならが出そうになる、なかなか理解されにくく、当事者は非常につらい病気です。

早乙女タロウ

 

 

症状としては、腸そのものに、感染や炎症などのはっきりとした異常がないのに、下痢や便秘、腹痛などの症状が慢性的に続くことがあります。

これは、精神的ストレスに何らかの誘因が加わって、腸が過敏な状態になり、腸の働きが不調になっているために起こることがあります。

このようなケースを、過敏性(大)腸症候群と呼びます。

花田サキ

 

 

治療法としては、西洋医学の場合はあまり効果的な治療がなく、精神安定剤と生活指導で対応しています。

一方、漢方では「心身一如」というように心と体を表裏一体と捉えるため、過敏性腸症候群のような心身症的な病気に対しては、西洋医学より優れた効果を発揮することが少なくありません。

早乙女タロウ

 

症状別、過敏性腸症候群に効く漢方薬って?

体力がない、胃腸も弱い(虚証)

  • 人参湯(にんじんとう)
  • 啓脾湯(けいひとう)
腹部が張る、下痢、冷え性
  • 真武湯(しんぶとう)
めまい・フラフラする
  • 大建中湯(だいけんちゅうとう)
  • 清暑益気湯(せいしょえっきとう)
疲労感、倦怠感が強い
  • 小建中湯(しょうけんちゅうとう)
疲れ易い、腹にガスがたまる
  • 桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)
  • 胃風湯(いふうとう)
冷え性、下痢傾向
  • 麻子仁丸(ましにんがん)
便秘傾向が強い、皮膚が乾燥する
  • 桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)
腹痛、便秘

体力はふつう(中間証)

  • 潤腸湯(じゅんちょうとう)
皮膚に艶がなく乾燥、便秘傾向が強い
  • 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)
  • 黄芩湯(おうごんとう)
腹部が張ってゴロゴロという
  • 四逆散(しぎゃくさん)
みぞおち〜脇腹に苦満感、不安、不眠
  • 柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
  • 柴苓湯(さいれいとう)
腹痛が強い
  • 大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)
悪心、嘔吐

※「虚証」や「実証」についてはこちら→「漢方薬の選び方~診断方法を知ろう~

ここからは、「過敏性腸症候群」についてもう少し掘り下げて見ていきましょう。

花田サキ

過敏性腸症候群とは精神的ストレスから来る自律神経の乱れが原因

慢性的な腹痛・下痢・腹痛・おなら(ガス)・嘔吐などの症状が続きます。

大腸の働きの異常によって起こります。
本質的には心配のいらない病気とされていますが、まだ成長しきっていない子供や、思春期の中学生、働く女性など体力的に弱いかったり、精神的にも追い詰められてしまうケースもあり、病気のストレスからうつや不登校になってしまう場合もあります。

もともと、精神的に強くない人がなるケースが多い上に、過敏性腸症候群が引き起こすストレスも重大なため、周りの理解も必要となる病気です。

過敏性腸症候群には4つの種類があるって本当?

  1. 下痢型
  2. 便秘型
  3. 交替型
  4. ガス型

の4種類の症状の出方があります。

下痢型

文字通り下痢が突発的に起こるタイプです。
他のどのタイプもつらいですが、特に、お腹が痛くなると困る状況でなることが多く、精神的にもつらい症状の出方です。

通勤・通学の満員電車やバスの中、授業中や試験中、時には受験の最中に下痢の症状が出ることも。
大切な会議の途中や、プレゼンの最中、重大な打ち合わせ中など、「今は勘弁してくれ!」というときに腹痛に襲われる精神的な苦痛は計り知れません。

男性に多いのが特徴です。

このタイプの過敏性腸症候群の場合、市販薬のビオフェルミンを服用する方が多いようです。

腸内フローラの環境を整える、とビオフェルミンのサイトではうたわれていますね。

便秘型

精神的なストレスなどから自律神経が乱れ、腸への血流が弱まり、腸自体の動きが弱まり、便秘状態になります。

女性が比較的多くかかる症状で、市販の便秘薬を買って飲んでいる方も多いようです。

ビオフェルミン同様、エビオス錠で腸内環境を整えようという方も多いようです。

下痢型も便秘型も、排便によってその症状は緩和されます。

交替型

下痢と便秘の症状が交替で起こる状態です。

ガス型

ガス、いわゆるおならが頻発しそうになる状態です。

下痢同様、「ここでおならが出たらどうしよう!」という状況で出そうなるので、心理的なストレスは相当なものになります。

過敏性腸症候群の診断での症状チェックポイントは3つ

過敏性腸症候群は何科を受診すればいいの?

大きなジャンルで言えば内科を受診します。
その中でも、胃腸科の専門医がいるところを選びます。
胃腸科と言わず、消化器内科という科がある病院もあるかと思います。

精神的ストレスの要因も大きいため、心因性の面から心療内科などを受診するケースもあります。

診断のポイント3つ

  1. 排便により軽快する
  2. 排便回数の変化を伴う
  3. 便の性状の変化を伴う

以上のローマⅡ基準が世界的に診断の際のポイントにされています。

※ローマⅡ基準とは、1990年に世界の専門家がローマ会議で過敏性腸症候群の基準について決めたものです。

12ヶ月の間に少なくても4週間(断続的でもよい)、上の3項目のうち。2項目以上を伴う不快感があった場合に、過敏性腸症候群と診断されます。

これは、ちょっとしたセルフチェックもできそうですね。
でも、自己判断で解決しないでくださいね。

早乙女タロウ

過敏性腸症候群との付き合い方と治療法

 

医学的には、過敏性腸症候群は重篤な病気ではありません。

くよくよしすぎないでうまく付き合うことができれば自然と症状も治まるものです。
とはいえ、それができなかったので症状が出はじめてしまったわけで、ここでは、そんな方がどうやって過敏性腸症候群と付き合って行けばいいのか?
また、治す方法はないのか?そんなところを見ていきましょう。

花田サキ

 

過敏性腸症候群には腹筋も効果的?

腹筋の鍛えるというか、腹筋を動かすことは、動きの悪くなった腸の働きを良くするのに効果的です。

便秘型の方は、腹筋を動かすことを意識することで便秘解消の役に立ちます。

トレーニングの腹筋もいいですが、腹式呼吸でゆっくりと腹筋の動かすことで症状の緩和につながります。

また、ウォーキングも便秘型には効果があります。
以前、ガッテンで見たともうのですが、健康を維持するのに1日8,000歩がちょうどいいらしいです。
それ以下でも以上でもありません。
そのうち、20分くらいは早歩きを入れると最高にいい運動になるようです。
早歩きと言っても、少しだけ手の振りを大きく早くする程度でOKです。

便秘型の人だけでなく、結構も良くなりますし、ストレスの軽減にも役立ちます。

適度なスポーツを行うこともやってみましょう。

過敏性腸症候群は食事が大切

食事では、胃や腸の過度な働きすぎを防ぐために、脂っこいものは避けます。

炭酸飲料も過度に胃腸を働かせるので控えましょう。

食物繊維の摂取は効果的です。

最終的には心理療法

漢方では、体の状態を相互的に整えることで改善を目指しますので、最終的には副作用もなく症状の改善から精神的にも落ち着いて行き、心身ともに健康を取り戻すことでしょう。

しかし、西洋薬で症状を抑えつつも改善が見られない場合には、精神疾患の治療も検討する必要があります。

過度な緊張や自分を責める傾向がある人の場合には、心のケアをきちんと考えて行く必要もありそうです。

 

いかがだったでしょうか?

過敏性腸症候群は、病状としては怖いものではありませせん。

焦らず治療していけばそれほど苦しむことはありません。

ですが、それが簡単にできない人が発症するわけで、「気にするな」と言ってもすぐにできるわけではありません。

適度な運動を行いながら食事に気をつけ、規則正しい生活リズムを守っていきましょう。

早乙女タロウ

 

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です