K2胃風湯(いふうとう):漢方薬の効能・副作用・飲み方など

 
胃風湯いふうとう

ここでは、薬局製剤番号K2の胃風湯(いふうとう)の成分、効果効能、副作用などの注意点について解説していきます。

花田サキ

胃風湯の成分・構成・飲み方

成分・分量

トウキ 3.0
シャクヤク 3.0
センキュウ 3.0
ニンジン 3.0
ビャクジュツ 3.0
ブクリョウ 4.0
ケイヒ 2.0
2.0
以上8味 23.0

胃風湯の構成

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)からタクシャと取って、ニンジン、ケイヒ、栗を足したものです。

胃風湯の効能・効果

体力は中程度以下で、顔色が悪く食欲がない、疲れやすい、場合の急性・慢性の胃腸炎、冷えによる下痢に使われます。

虚弱体質の人が風邪を引いたり、神経を使ったりして、消化機能が弱り、胃腸の機能が悪くなり完穀下痢(かんこくげり)を治すのが目的ですが、長期間の下痢で貧血や立ちくらみを起こしたり、動悸がある場合に効果的です。

※完穀下痢(かんこくげり):消化機能の著しい低下で食べたものが消化しきれずに咀嚼した形のままで便で出てしまう状態のこと。腹痛を伴うこともある。

急性の下痢と言うよりは慢性で原因がわからないものや、突然意味不明の下痢を起こしたり、便秘を伴う過敏性大腸炎などに使われます。

胃風湯の適応症

  • 急性・慢性下痢、冷えによる下痢
  • 過敏性大腸炎
  • 潰瘍性大腸炎、クローン病、ベーチェット病、下血を伴う難治性下痢
  • 妊娠中の下痢、サンゴの下痢

胃風湯の副作用や注意点

  • 胃腸の弱い人にはセンキュウがきつい場合があるので、抜いても良い。
  • 痛む場合にはカンゾウを加えても良い。

 

胃風湯は主に大腸炎や下痢に関するものに効果があるようですね。

服用に際しては、専門家に相談するようにしましょうね。

花田サキ

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です