2017/03/17

血圧低すぎ?低血圧症対策に漢方薬がおすすめ!

 
低血圧症と漢方について

低血圧の場合は、高血圧とは反対に「虚証」傾向の人に多く見られます。

低血圧も高血圧と同様にほとんどの場合が、原因不明ですが、高血圧のように心臓発作や脳卒中などの合併症を起こす危険性はありません。

なので、たとえ低血圧でも毎日の生活に支障がなければ、特に治療する必要はありません。

しかし、寝起きが悪い、めまい、頭痛、手足の冷え、肩こり等の症状が強いような時は、漢方薬での治療をお勧めします。

低血圧の治療に効果的な漢方薬とは?

体力がない、胃腸も弱い(虚証)

補中益気湯(ほちゅうえっきとう) 貧血気味で、疲れ易く、食欲不振
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) 冷え性、貧血で、排尿回数が多く、尿量減少
苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)

頭痛、のぼせ、立ちくらみ、尿量減少
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

呉茱萸湯(ごしゅゆとう)

頭が重く、神経質

※「虚証」についてはこちら→「漢方薬の選び方~診断方法を知ろう~

低血圧・低血圧症とは?

ここでは、低血圧について調べてみましょう。どんな症状のことを言うのか、わかっているようでちゃんと知らないところを見てみましょう。

花田サキ

低血圧と低血圧症

仰向けに寝て、最高血圧が慢性的に100mmHg以下の場合を指します。
立ち上がったときにだけ急激に血圧が下がる場合のものもあります。

西洋医学の検知からも、原因がはっきりしない、低血圧にともなう症状が見られない場合には生命の危機には無いと考えて特別に診療を行う対象にはなりません。

反対に、低血圧にともなう何らかの症状がある場合には、これを低血圧症と呼びます。

低血圧症の種類と原因

低血圧症には、「本態性低血圧症(ほんたいせいていけつあつしょう)」と「症候性低血圧症(しょうこうせいていけつあつしょう)」があります。

本態性低血圧症(ほんたいせいていけつあつしょう)とは?

肩こり、めまい、疲れやすい、目の疲れ、頭痛、頭が重い、腰痛、健康への不安感、など自律神経症状や心因性症状の訴えが多くあるのにいくら調べても原因がわからないものを指します。

こういった低血圧は、特に治療を必要としません。

日本人の3大死因のうちの2つ、心臓病と脳血管障害には低血圧の人はなりにくいとか。なので、あまり神経質になる必要はありませんが、不愉快な症状の訴えはあるのですから、その症状を取り除く治療や生活改善は行う必要があります。

症候性低血圧症(しょうこうせいていけつあつしょう)とは?

循環器・内分泌・呼吸器の病気や神経疾患、薬によるものなど明らかに、これが原因と言うものがある低血圧を指します。

この場合には、その低血圧症の原因となっている症状の治療を優先する必要があります。

起立性低血圧症(きりつせいていけつあつしょう)とは?

寝た状態のときには血圧は正常なのに、立ち上がるときに血圧が下がり、立ちくらみやめまい、失神などを起こす低血圧症のことを指します。

  • 神経疾患・糖尿病・薬の服用で起こる:症候性起立性低血圧(しょうこうせいきりつせいていけつあつ)
  • 原因がはっきりとわからないもの:特発性起立性低血圧(とくはつせいきりつせいていけつあつ)

の2種類があります。

  • こどもや若い女性に起こる:起立性調節障害(きりつせいちょうせつしょうがい)

というものもあります。
立つときに、脚の筋肉に血液がたまって、心臓に血液が戻りにくい状態です。

低血圧症の症状と治療法

低血圧症は原因がはっきりと分かるもの、起立時に失神いてしまうものを除けば、特に心配することはありません。

ですが、本態性低血圧症(ほんたいせいていけつあつしょう)の人は、前出のようにその症状に真剣に悩んでいることが多いです。

疲れやすかったり、やる気が出なかったり、朝起きれなかったり、肩こり、頭痛、頭が重い、立ちくらみ、手足の冷え、便秘、胃腸が弱い、といった症状が出ます。

高血圧の人に比べて、その後の危険度は少ないのですが、症状は様々で、生活に支障をきたす場合もあります。

  • 季節:春先
  • 時間帯:朝・午前中

に症状が強く出る傾向にあります。

血圧を上げる治療はしない

本態性低血圧症(ほんたいせいていけつあつしょう)は、無理に血圧を上昇させる必要はありません。

本態性低血圧症では、自律神経系も症状が強く出たり、心気症的症状が強かったりするので、これらの症状を改善するための治療が行われます。

西洋薬の自律神経調節薬や精神安定剤、経口昇圧剤などが使われます。こういった、西洋薬での効果が見られない場合には、心療内科的な寄り添い方が効果を出す場合があります。

低血圧症の人はこんな生活の工夫を

原因のわかる低血圧症、症候性低血圧症の場合には、まず第一に、その原因となる症状の改善、治療が先決です。

原因のはっきりしない低血圧の人、この場合には、自分のことを病気だと責めることはせずに、ただ、低血圧という状態にある、と捉えることが大切です。

その上で、以下のような生活の改善を行うといいでしょう。

夜更かしをせずに規則正しい生活を送る

低血圧の人は、朝が弱く夕方から夜にかけて活動的になる傾向があります。
なので、その夜型の生活を改善して、朝からしっかりと活動できる生活のリズムに変えていく必要があります。

1日3食きちんと食べる

最近では、1日1食の健康法なども広まっていますが、低血圧の場合にはしっかりと食事を摂ることが大切です。

毎日、同じ時間に摂ることも注意したい点です。

体を動かし、筋肉を付ける

激しい運動はする必要はありませんが、体を動かさないと、筋肉が錆びついてしまいます。

適度な運動を定期的に繰り返し、健康的な筋肉を付けることで、精神的に健康にもなれます。

アルコールはさらに血圧を下げる

低血圧の人がお酒を飲むと、一時的にさらに血圧が下がります。
飲酒後に低血圧の人がふらついて倒れるケースもあるらしいのであまり量は飲まないほうがいいでしょう。

喫煙で血圧は上がるけれども…

喫煙すれば一時的に血圧は上がります。しかし、タバコは万病の元ですから、あえて喫煙で血圧をあげようとするのは正しい対策とは言えません。

 

西洋薬より、生活習慣の見直しと漢方薬のセットがより安全で、将来的にも良さそうですね。

ですが、自己判断せずに、きちんと専門家に相談して決めてくださいね。

花田サキ

 

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です