漢方薬の選び方~診断方法を知ろう~

 
漢方の診断方法

 

こんにちは!
漢方大学で漢方について勉強しています、早乙女タロウです。

ところで、漢方薬は、西洋薬とは違った方法で診断して処方されます。
一体、その漢方における診断方法とはどんなものなのでしょうか?

一緒に勉強していきましょう!

早乙女タロウ

漢方の診断方法は、「四診」

「四診(ししん)」とは、文字通りに四種類の診断方法です。
体力の状態や「気血水(きけつすい)」の変調、病気の病気の経過状態などをチェックして診断します。

この診断で、患者さんの「証」を判斷して、「方(方剤=漢方薬)」を処方する、という流れになります。

「証」という鍵穴に「方」という鍵を指し、症状を改善する=鍵を開ける、というイメージです。

証という鍵穴に方と言う鍵を使ってあける=治療する
「証」が分かればそれに沿った「方」を用いる、ということですね。

「四診」の種類
望診(ぼうしん) 相手(患者)の動作や容姿から、眼光、顔色、皮膚の具合、舌の観察など、視覚によって情報を得る。
聞診(ぶんしん) 声の明瞭さ、声のはり、問いかけに対する応答などを詳細に検討する。
体臭や息のにおい、排泄物のにおいなど、聴覚と嗅覚による情報収集の方法。
問診(もんしん) 一般的な病歴はもちろん、自覚症状や訴え、こちらの質問に対する答えなど、きわめて大切な診断法である。
切診(せつしん) 実際に体に触れ、脈を診る「脈診」、腹部を診る「腹診」

 

 

弁証論治(べんしょうろんち)

(1)弁償=病気の本質

  • 「証」⇒病気の段階ごとの原因に着目してまとめた結果
  • 「症」⇒病気の具体的に現れた症状のこと

中医学では、治療法を決めるときに、「証」を重要視します。
(実際には、「証」と「症」の両方から治療法を選択する必要があります。)

(2)論治=治療法

「論治」とは、(1)の「弁証」で得られた結果から治療法を見つけて実際に治療を行うことです。

この時、

  • 「証」が同じなら「治」も同じ
  • 「証」が違えば「治」も違う

病気の本質の原因の部分(証)が同じであれば、目に見える症状(病)が違っていても治療方法(治)は同じになる、ということです。これを「異病同治(いびょうどうち)」と言います。

目に見える病気の症状(病)が同じでも、病気の本質の原因部分(証)が違えば違う治療法(治)になります。これを「同病異治(どうびょういち)」と言います。

現代医学では、これとは異なっていて

  • 「同病同治」
  • 「異病異治」

という考え方になります。

陰陽・虚実・表裏・寒熱の8つの対立概念に分類し病態を診断する方法

ここでは、実際に8つの「証」を使って分類し、病気の容態を診断してみましょう。
4対の対立した概念を用います。

陰証 患者の体調や生命力の状態、からだ全体の反応の性質を示す
陽証
虚証 慢性病患者などの基礎的な体力や性質を示す やせ型・筋肉弱・顔が細い・音声小さく不明瞭・胃腸弱・疲れやすい・腹壁が軟弱など
実証 ガッチリ型・顔が太い・音声大で明瞭・胃腸強・便秘がち・腹壁に弾力性があるなど
寒証 からだの冷感・悪寒・熱感などを示す 顔色蒼白・寒がり・手足の冷え・軟便・頻尿・痰・咳・鼻汁・関節のこわばりなど
熱証 顔色紅潮・暑がり・口渇・便秘・排尿少・発熱・ほてり・胸やけ・四肢痛など
表証 病気の進行状態などを示す 病位が体表部に存在。悪寒・発熱・頭痛・発汗・関節痛・神経痛・浮腫(むくみ)など
裏証 病位が内臓などの深部に存在。口渇・腹痛・腹部膨満・便秘・下痢・排尿異常など ※慢性疾患はすべて裏証

その他に、「気虚証」・「血証」・「水毒証」などもあるそうです。

虚証〜中間証〜実証

漢方で治療の際には、上のところで出てきた「同病異治」という考え方があります。その際に、その人の体質やかかりやすい病気を判断としてよく用いられるのが「虚証」「実証」です。

元気か元気ではないか、という両極の判断に使われる「証」です。その中間の「中間証」があります。
実際にどういったものかといいますと、

虚証 線が細く、顔色が悪いタイプ。いわゆる虚弱体質。

【特徴】やせ型・筋肉質ではない・細面・声が小さい・胃腸が弱い・疲れやすい・抵抗力が弱い・お腹の弾力が弱い

実証 スポーツ選手に多い。がっしりとした体格で、血色もよい。

【特徴】がっちり体型・顔が四角張っている・声が大きい・胃腸が強い・便秘しやすい・抵抗力が強い・お腹に弾力がある

虚証   中間証 実証  
体型は… 華奢 中肉中背 筋肉質でがっしりしている
声は… 細くて小さい 普通 大きくてしっかりしている
ちょっと動くと… すぐ疲れる どちらともいえない まったく疲れない
肌は… さめ肌で荒れやすい 普通 ありあまっている
元気は… あまりない どちらでもない ありあまっている
胃腸は… 弱い方 普通 丈夫な方
食欲は… あまりない 普通 いつもある
爪は… 爪に筋や波がある 普通 ピンク色でなめらか
便秘すると… 大して気にならない 何とも言えない つらい

八綱による処方分類

なんだか、漢字ばかりで難しそうですが、上で出てきた「八綱」で分類された漢方の処方です。
「こんな感じで分類されるんだな~」という感じでざっと見てください。

麻杏甘石湯・越婢湯(発熱・咳) 表熱実証
白虎湯(発熱・発汗・口渇) 表熱虚証
麻黄湯・葛根湯・小青竜湯(悪寒・頭痛・喘) 表寒実証
桂枝湯・桂枝加朮附湯(悪風・自汗) 表寒虚証
大柴胡湯(胸脇苦満・満腹・便秘)

三黄瀉心湯・黄連解毒湯(のぼせ・出血)

調胃承気湯・桃核承気湯・(腹満・便秘)

朱雀湯(腹満・便秘/吐瀉(としゃ)剤)

 裏熱実証
 小柴胡湯・加味逍遥散(胸脇苦満・往来寒熱)

半夏瀉心湯(胃痛・下痢)

白虎湯・麦門冬湯(口渇・燥)

五苓散・猪苓湯(口渇・湿)

 裏熱虚証
 桂枝加芍薬大黄湯(腹満・便秘)  裏寒実証
 桂枝加芍薬湯・小建中湯(腹満・下痢)

人参湯(胃弱虚弱・下痢)

八味丸(冷え・尿多・燥)

真武湯(玄武湯)(冷え・尿多・下痢・湿)

四物湯(貧血・燥)

当帰芍薬散(貧血・湿)

 裏寒虚証

※燥は乾燥した状態、湿は湿った状態です。喘は短く早い呼吸の状態です。

風邪の場合の治療分類

麻杏甘石湯・五虎湯(発熱・咳) 表熱実証
白虎加人参湯(発熱・発汗・口渇) 表熱虚証
麻黄湯(悪寒・関節痛・無汗)

葛根湯(悪寒・頭痛・肩こり)

小青竜湯(悪寒・頭痛・鼻水・喘)

表寒実証
桂枝湯(悪風・自汗)

香蘇散(感冒・胃腸虚弱)

参蘇飲(感冒・咳・胃腸虚弱)

麻黄湯附子細辛湯(発熱しても悪寒が多い・鼻閉・喘)

表寒虚証
大柴胡湯(往来寒熱・胸脇苦満・腹満・便秘)  裏熱実証
 小柴胡湯(胸脇苦満・往来寒熱)

柴胡桂枝湯(胸脇苦満・往来寒熱・悪寒・頭痛)

柴胡桂枝乾姜湯(往来寒熱・悪寒・動悸・下痢)

麦門冬湯(咽乾・乾咳・口渇)

 裏熱虚証
 桂枝加芍薬大黄湯(腹満・便秘)  裏寒実証
 桂枝人参湯(頭痛・胃腸虚弱・下痢)

人参養栄湯(全身倦怠・咳)

補中益気湯(全身倦怠・食欲不振)

真武湯(玄武湯)(冷え・尿多・下痢・湿)

 裏寒虚証

 

まとめ

いかがだったでしょうか、漢方薬を選ぶ際には「証」が重要だということがわかりましたね。

早乙女タロウ

しかし、この診断方法が現代の医学では、漢方の発展の妨げになっていると考える医師や博士も多いのじゃよ。

漢方教授

え!?どうしてですか?

早乙女タロウ

この「四診」による診断は、医師や薬剤師が五感をを研ぎ澄ませて集中力を高めた中で患者さんに対するんじゃ。そして、治療方針を決めるんじゃが、観念的で東洋思想の強い基準によってルールが決められているため、熟練度が必要であるし、むしろそこまでしなくても十分に診断はできる場合もあるんじゃ。

漢方教授

あらま。

早乙女タロウ

西洋医学の場合の診断方法からも十分に診断できるし、「四診」のうちの「望診」と「問診」と同じようなものだからなんじゃ。

漢方教授

なるほど~

早乙女タロウ

二千年前にできた漢方治療の前身とも言われている「傷寒論(しょうかんろん)」には、このような東洋思想は書かれていなかったんじゃ。ということは、その後、付け加えられた考え方、ということになるんじゃ。

漢方教授

でも、実際に「四診」や東洋思想の診断方法で、漢方薬で健康を取り戻した人はたくさんいるんですよね?

花田サキ

そう、だから、それを否定するのではなく、今まで漢方を避けてきた医師たちが今後、漢方薬を治療に導入する際には、医師の視点でもっとシンプルに使えるように活動されている医師もいらっしゃるんじゃ。

漢方教授

今まで漢方が使われていなかった場面で、漢方が使われるようになるのはいいことですね!

花田サキ

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です