つらい偏頭痛、肩こりからの緊張型頭痛、漢方薬がその症状に効く!

 
頭痛と漢方薬について

頭痛の原因は多彩で、脳腫瘍や脳出血、神経痛等の種々の病気でも起こります。

脳腫瘍や脳出血などの危険な病気による頭痛は、外科手術などの専門治療を優先しなくはいけません。

漢方治療の対象になるのは、このような危険な頭痛を除いた常習性頭痛(慢性頭痛)と呼ばれるものです。

常習性頭痛には、偏頭痛(血管性頭痛)、緊張性頭痛、心因性頭痛などがあります。
また、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)や高血圧による頭痛も慢性頭痛の一種と言えます。

漢方薬はこれらの常習性頭痛に優れた効果を発揮します。

常習性頭痛に効く漢方薬は?

体力がない、胃腸も弱い(虚証)

  • 呉茱萸湯(ごしゅゆとう)
嘔吐、頭痛が激しい
  • 七物降下湯(しちもつこうかとう)
高血圧、顔色悪い、のぼせ、耳鳴り
  • 半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)
胃腸が弱い、めまい、悪心、嘔吐
  • 桂枝人参湯(けいしにんじんとう)
  • 当帰四逆加呉茱萸湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
冷え性、下痢、お腹が張る

体力はふつう(中間証)

  • 五積散(ごしゃくさん)
下半身が冷えて、上半身がのぼせる。悪心、嘔吐
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
唇が暗紫色で、肌荒れ、月経不順
  • 五苓散(ごれいさん)
口渇、尿量減少、むくみ
  • 釣藤散(ちょうとうさん)
めまい、肩こり、耳鳴り、不安

体力は比較的ある、胃腸も丈夫(実証)

 

  • 黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
顔色赤い、のぼせ、イライラ、不眠
  • 葛根湯(かっこんとう)
  • 升麻葛根湯(しょうまかっこんとう)
肩や頸筋のこり

※「虚証」や「実証」についてはこちら→「漢方薬の選び方~診断方法を知ろう~

頭痛に効くツボで対策

 

危険性の高い頭痛を除いた頭痛を漢方薬は得意とします。
その、前段階で頭痛のツボを押してセルフケア、というのもいいのではないでしょうか。

ここからは、頭痛に効果的なツボに関する動画を集めてみました。

簡単にできるものばかりです。

早乙女タロウ

 

肩こり、首スジのコリからくる頭痛に効くツボ

肩井(けんせい)・合谷(ごうこく)・後谿(こうけい)の位置、ツボのとり方をわかりやすく解説しています。

偏頭痛を緩めてくれるツボ

 

太陽(たいよう)というツボを紹介しています。

押したらめちゃくちゃ痛かったです(汗)

よく見ると、ゆっくりやさしくしましょうとのことでした(笑)

早乙女タロウ

 

超簡単!緊張型頭痛に効く簡単ツボマッサージ

ほんとうに簡単です。

いかがだったでしょうか。頭痛は危険な病気と直結した症状です。
なかなか症状が緩和しない場合には、くれぐれも自己判断せずに専門家に診てもらうようにしましょう。

早乙女タロウ

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です