半夏(はんげ・ハンゲ)の効能や帰経、薬味・薬性を解説

 
半夏はんげ

半夏(はんげ・ハンゲ)とは、烏柄杓(からすびしゃく・カラスビシャク 学名:Pinellia ternata)の球状の根を生薬に用いたものです。

烏柄杓カラスビシャク画像:烏柄杓

日本、韓国、北朝鮮、中国などに自生するサトイモ科の多年草です。

薬味:辛 薬性:温・有毒 帰経:脾・胃 効能:理気・止嘔・去痰 ※薬味・薬性・帰経・効能について

 

夏の半ばに花が咲いて収穫することが「半夏」という名前の由来です。

「烏柄杓」は、「仏炎苞(ぶつえんほう)※Google画像検索」の形をひしゃくに見立てたたところからきています。

ヘソクリと俗に言われていたほどに、畑に雑草として生え、農家の小遣い稼ぎに使われていたのだとか。
このページのトップ画像を見ればわかりますが、黒い丸い部分は球茎から茎部分を取った跡ですが、これをへそと呼んだという説もあるそうですが。

  • 球茎を水洗いして塩水に漬ける
  • 外側の皮を取り除く
  • 塩抜きして乾燥させる

上記の工程の後、生で使うと弱いが毒性や刺激臭があるので、中国では、ここから更に手を加えます。

10日間程度冷水に浸した後、

  • ミョウバンで煮たもの → 清半夏(せいはんげ)
  • ミョウバンや甘草・石灰で処理したもの → 法半夏(ほうはんげ)
  • ミョウバンと生姜で煮たもの → 姜半夏(きょうはんげ)

と呼びます。生で使うときは生姜と煎じます。

半夏の成分は、

  • 蓚酸化カルシウム
  • ジグリコシリックベンズアルデヒド
  • ホモゲンチジン酸
  • ジヒドロキシベンズアルデヒド
  • エフェドリン
  • コリン

などで、半夏単独では、以下のような作用が認められています。

  • 鎮嘔
  • 鎮咳
  • 唾液分泌亢進
  • 腸管内輸送促進

漢方薬としては、

  • 理気
  • 止嘔
  • 去痰

の効能があります。

  • 悪心
  • 嘔吐
  • 消化不良
  • 咳嗽
  • 喀痰
  • 不眠

に用います。

また、半夏の薬性は「温」であるため、「燥湿」の作用もあるために停水などの痰飲・嘔吐によく用いられます。

蓚酸化カルシウムの針晶やジグリコシリックベンズアルデヒドが原因と考えられる、半夏の毒性による口の中のしびれやえぐ味から来る灼熱感・嗄声などには生姜が有効です。

「半夏」が使われている漢方薬
小半夏加茯苓湯・半夏瀉心湯・六君子湯・半夏白朮天麻湯・半硫丸・五虎二陳湯・小青竜湯・竹茹温胆湯・麦門冬湯・半夏厚朴湯

 

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です