2017/03/17

自律神経失調症・不定愁訴症候群(多愁訴)に用いる漢方薬

 
自律神経失調症・不定愁訴症候群

自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)や不定愁訴症候群(ふていしゅうそしょうこうぐん)に効く漢方薬とはどんなものなのでしょうか?

一緒に見ていきましょう!

不定愁訴症候群とは?

「のぼせ、めまい、イライラ、不眠、下痢、肩こり、腰痛、食欲不振、疲れ易い、だるい」など多彩な症状が自覚される場合、いくら検査をしても体にはっきりとした異常や病変が見つからないことが良くあります。

西洋医学的にはこうしたケースを不定愁訴症候群と呼びます。

自律神経失調症の可能性も!

またこの中には自律神経の動きが乱れているケースもあり、この場合は自律神経失調症と呼ばれます。

自律神経失調症・不定愁訴症候群に効く漢方薬

西洋薬は、不定愁訴症候群や自律神経失調症によく効く薬があまりありませんが、漢方はこの分野が得意で、患者さんのタイプや症状に合わせて、様々な処方を選ぶことができます。

体力がない、胃腸も弱い(虚証)

  • 加味帰脾湯(かみきひとう)
  • 柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
不眠症が目立つ。動悸、微熱
  • 抑肝散(よくかんさん)
  • 小建中湯(しょうけんちゅうとう)
  • 柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)
興奮し易い。ひきつけ、夜泣きの小児
  • 桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
よく汗をかく
  • 温経湯(うんけいとう)
腹痛、下腹部痛が目立つ

体力はふつう(中間証)

  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 四逆散(しぎゃくさん)
手足や腰が冷え、突然上半身がほてる
  • 女神散(にょしんさん)
生理、出産に関した神経症状
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
唇が暗紫色で、肌荒れ、むくみがある
  • 温清飲(うんせいいん)
  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
動悸、のぼせ

体力は比較的ある、胃腸も丈夫(実証)

  • 柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
みぞおち辺りの苦満感が強い
  • 大承気湯(だいじょうきとう)
便秘傾向が強い。のぼせ
  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
  • 大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)
月経不順、下腹部痛が目立つ

※「虚証」や「実証」についてはこちら→「漢方薬の選び方~診断方法を知ろう~

便利であり不思議な自律神経失調症・不定愁訴症候群(多愁訴)

はっきりとした原因がわからずに復数の症状を病院で訴えて、検査しても特に数値的に異常がない場合には、自律神経失調症だと診断されます。

医師側からすると検査しても原因がはっきりと突き詰めることができない場合には、「わかりません。」と言うより「自律神経失調症です。」と言う方が収まりが付くという便利なものになっています。

患者の方も、病名が分かれば妙に満足したりするから不思議なものです。

自律神経をコントロールしている交感神経と副交感神経のバランスが崩れて起こるのが自律神経失調症ですが、表面化している症状をひっくるめた総称なだけで、自律神経失調症はこういった病気、という具体例はないのです。

西洋医学の場合には、精神安定剤なるものを飲まされる程度のことになりますが、漢方では、着目するべき症状を見つけて、それに応じた漢方薬を処方します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です