2017/03/17

グルグル?フラフラ?めまいが起こったら漢方薬はこう使おう!

 
めまいと漢方薬について

めまいは、貧血症、高血圧症、低血圧症、動脈硬化症、メニエール病、精神的緊張、過労などの様々な原因で起こります。

一方、漢方ではめまいの原因を「水毒」とみなします。
水毒は、水が体内に偏在した状態で、めまいの他に頭痛、むくみ、下痢、尿量異常等の症状が現れます。

漢方治療では、めまい症状だけではなく、めまいと一緒に見られる諸症状に注意し、水毒性のものであれば、「水」を調整する駆水剤などを、瘀血性のものなら、駆瘀血剤などを投与します。

ただし、めまいの原因疾患がはっきりしている場合は、原因疾患に対する治療(西洋医学主体の事が多い)を一緒に行う必要があります。

症状別、めまいに効く漢方薬

体力がない、胃腸も弱い(虚証)

  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
色白で月経不順。クラっとするめまい
  • 半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)
クラっとするめまい。胃腸虚弱、頭重
  • 真武湯(しんぶとう)
クラっとするめまい。手足の冷え、下痢傾向

体力はふつう(中間証)

  • 苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
立ちくらみ、腹部ポチャポチャ音、貧血
  • 沢瀉湯(たくしゃとう)
  • 五苓散(ごれいさん)
回転性めまい、腹部ポチャポチャ音、吐き気

体力は比較的ある、胃腸も丈夫(実証)

  • 黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
高血圧や動脈硬化がある。のぼせ、興奮
  • 三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)
黄連解毒湯の適応症状で、便秘傾向のあるもの

※「虚証」や「実証」についてはこちら→「漢方薬の選び方~診断方法を知ろう~

めまいについて知ろう 種類・原因・対処法

知っているようで知らないめまいについて学んでみましょう。

花田サキ

めまいの種類

回転性めまい+フラフラ感

めまいと一括りにしてみてもその訴えの内容は多様です。
もっとも多いのが、天井などの周囲の風景がグルグル回る回転性めまいです。

次いで、フラフラするふらつきです。

この2つを合わせるとめまいの症状を訴える人の85%も占めるのだとか。

他には、

  • 立ちくらみと言われる眼の前が暗くなるような感じ(眼前暗黒感)
  • なんとなくフワーとする感じ(浮動感)
  • 吸い込まれるような感じ

などの訴えがあります。

自発性めまい・誘発性めまい

自発性めまいとは

特別、何もしていないのにグルグルと回転性のめまいがしたり、フラフラする状態です。

誘発性めまいとは

頭部や全身を傾けたり、一定の位置にすると起こるめまいのことです。寝返りや急に起きたりした時に起こることが多いです。

めまいの原因になる病気

メニエール病

自発性めまいのもっとも多い原因の病気です。
めまいを繰り返すのが特徴です。回転性のめまいで、突然に症状が出るので重症感があります。

吐き気・嘔吐があるので常に不安感を覚えます。
ですが、発作は数十分~数時間続くだけで自然に快復になり、難聴や耳鳴りも治まって行きます。

原因不明の内耳の病気です。

内耳内に必要以上のリンパ液が貯まることが原因ではないかと言われています。

意識障害・視力障害・顔面神経麻痺、四肢の運動障害などが併発している時はほかの病気を疑う必要があります。

横向けに寝て、安静にすることが大切です。

症状が治まったら病気の種類を特定するために耳鼻科を診療するようにしましょう。

前庭神経炎(ぜんていしんけいえん)

前庭神経に炎症が起こりめまいが発生します。

自発性めまいが急に起こり身体を動かしたり歩行中にフラフラ感が起きます。

長時間のめまいですが、何度も起こることはありません。
風邪の治りかけに起こることがあり、ウィルスの感染が疑われます。

聴力障害や耳鳴りと併発することはありません。

薬物の副作用

ストレプトマイシン・カナマイシンからくる内耳障害として、難聴の他にもめまいを引き起こします。

自律神経疾患

不定愁訴の症状に加え、めまいが持続するケースがあるので要注意です。

立ちくらみ(起立性調節障害)・動揺病などがあります。
聴力や平衡機能に障害はありません。

聴神経腫瘍(ちょうしんけいしゅよう)

前庭神経(Google画像検索)に発生する良性腫瘍のことです。

軽い難聴から始まり、耳鳴りからめまいも併発してきます。

腫瘍が大きくなると脳幹を圧迫するようになってきます。
めまいは重くなり、脳神経への影響が出てきます。

早期発見、早期治療が望まれる病気です。
片耳に難聴があり、めまいが続いている場合には一度、診察を受けたほうが良いかも知れません。

良性発作性頭位めまい(りょうせいほっさせいとういめまい)

頭の位置を変えるとめまいが起こる症状。
頭を一定の位置に移動させて数秒後に現れる特徴があります。

何度も、その位置に頭を置くと回復する特徴もあります。
内耳にあった何らかの病気があって、よくなる途中での症状です。

めまいの対処法

安静第一です。

突発的にめまいに襲われると不安になります。
吐き気や嘔吐が起これば、命の危険にさらされているのでは無いかと恐ろしくなることでしょう。

すぐに医療機関で診てもらえればいいですが、そこまでいける状態ではないときもあります。

そういったときには、まず、安楽な姿勢、横になることが第一です。

体を締め付けている、ベルトやネクタイなどを緩め、楽にします。

動揺はあるでしょうがゆっくりと時間をかけて症状の変化を観察します。

激しいめまいも一過性のことが多く、すぐに診察を受けることができない場合には、安静第一と覚えておきましょう。

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です