膀胱炎・尿道炎の再発防止には漢方薬が効果的

 
膀胱炎・尿道炎と漢方薬

 

膀胱炎や尿道炎は細菌の侵入が原因の場合が多いとか。

あなたは、そういったことが内容に清潔を保っていますか?

早乙女タロウ

 

膀胱炎は、細菌が尿道を通って膀胱に感染して炎症がおこるもので、血尿や尿の混濁、排尿時の痛みなどの症状が現れます。

尿道炎は膀胱から先の尿の排出口までの尿道に淋菌やクラミジアなどの種々の病原微生物が感染して起こります。
尿道炎になると、尿道の灼熱感や、頻尿、排尿時痛、残尿感などの自覚症状を訴えます(初期には無症状の場合もある)。

膀胱・尿道の位置

膀胱・尿道の位置

 急性の膀胱炎や尿道炎の場合は、出来るだけ初期に素早く治療することが大切であり、抗生物質などによる西洋医学治療を優先しますが、この場合も漢方薬を併用すると治療効果が上がります。

また、膀胱炎・尿道炎は再発を繰り返す慢性型も多く、こうしたケースには、漢方薬を主体とした治療が有効です。

膀胱炎や尿道炎の治療に用いる漢方薬

体力がない、胃腸も弱い(虚証)

  • 八味地黄丸(はちみじおうがん)
高齢者、下肢の脱力感、慢性的な排尿障害、残尿感
  • 清心蓮子飲(せいしんれんしいん)
胃腸虚弱、倦怠感、冷え性

体力はふつう(中間証)

  • 五淋散(ごりんさん)
慢性的な排尿障害、排尿時痛、残尿感、尿混濁、血尿
  • 猪苓湯(ちょれいとう)
血尿、尿量減少、口渇、排尿時痛

体力は比較的ある、胃腸も丈夫(実証)

  • 竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)
皮膚が浅黒い、排尿時の痛みが強い
  • 大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)
排尿時痛、血尿、不安、動悸、便秘

※「虚証」や「実証」についてはこちら→「漢方薬の選び方~診断方法を知ろう~

ここからは、尿道炎と膀胱炎についてもう少し詳しく学んでいきましょう。

早乙女タロウ

尿道炎とは?原因なども

尿道口のあたりには、細菌や雑菌が入ってきても、これらを浄化する自浄作用と言うものがあります。
ですが、細菌が多すぎたり、元気ではなく抵抗力が落ちたりしていると菌は奥まで侵入して炎症を引き起こします。

尿道が短い女性の方が、尿道炎による変化は膀胱まで達しやすく、尿道膀胱炎として膀胱炎の症状も併発することがしばしばあります。

尿道の長い男性の場合は、膀胱炎の併発はあまりありませんが、前立腺炎を併発する場合があります。
原因は、一般的な細菌のせいの他に淋菌によるケースがあります。
ですが、淋菌による尿道炎は淋菌性尿道炎、通称、淋病と呼ばれます。
いわゆる性感染症の一種です。

尿道炎の症状は?

尿道・膀胱の詳細図

尿道膀胱の詳細

  • 尿道や会陰部(外陰部※外性器とも、生殖器を取囲む部分と肛門の間)の不快感
  • 排尿痛
  • 尿道からの分泌物

などが見られます。

慢性化してしまった場合は、外尿道口に炎症によるカルンケルンと呼ばれるしこりができていることがあります。

尿道炎の治療と予防

節制し、抗菌薬の投与を受けます。
この時の漢方薬は効果を促進します。

尿量を多くして、菌を洗い流す作用を期待して水分摂取量を増やします。

一般細菌の感染に対する予防には、外陰部や下着を清潔に保つことも大切です。

膀胱炎とは?原因なども

膀胱内に細菌が侵入して炎症を起こしている状態を指します。
急性のものと慢性化して再発を繰り返す場合とがあります。

女性に多いのが特徴

細菌が外から尿道を通って膀胱内に侵入しますが、その菌で最も多いのが大腸菌です。
特に女性は尿道が短いのでよく発症します。

慢性化したり再発がなんどもある場合には、他に原因となる病気がないか検討する必要があります。

その原因としては、

  • 膀胱結石、膀胱腫瘍などの膀胱の病気
  • 腎盂腎炎
  • 婦人科の病気
  • 前立腺の病気

などです。

膀胱炎の症状は?

膀胱炎の症状としては、

  • 頻尿
  • 残尿感
  • 排尿時痛血尿
  • 尿の濁り

などがあげられます。

ですが、症状が慢性化すると一つ一つの症状がはっきりせず明確でなくなってきます。

検尿すると白血球が多くなっています。
排尿開始してすぐの尿と排尿終了間際の尿を除いた中間尿を培養して、原因菌を見極めて治療方針を決めていきます。

膀胱鏡を使って、目で見て炎症の程度や範囲を確認します。

まれに、膀胱炎と同じように頻尿にもかかわらず、いくら検尿しても異常がない場合があります。
これは、神経性頻尿と言って、精神的緊張や不安によって起こるものです。

他に、主にアレルギーが関与した非細菌性膀胱炎と言うものがあります。

完治するまで治療しないと慢性化することがある

大腸菌など一般細菌が原因の膀胱炎では、抗菌薬や尿路消毒薬が用いられます。
わりと早く症状は治まりますが、油断して独断で治療を中止すると再発や慢性化の原因になります。

必ず、医師の指導の元、治療を最後まで受けてください。

結核菌による、結核性膀胱炎の場合には、抗結核薬を使います。
その場合には、腎結石など他の尿路の合併症も検査する必要があります。

神経性頻尿では、精神療法や膀胱の容量を増加させることを目的とした薬剤がよく用いられます。

難治性の膀胱炎・頻繁に再発する場合・慢性膀胱炎などでは、誘発させる原因となる病気を探し出し、その病気も治療する必要があります。

膀胱炎の予防法

一般的に膀胱炎の予防法としては、水分を十分摂取すること、また、尿意を感じたら我慢せずにトイレに行くことを心がけると良いでしょう。

 

 

いかがだったでしょうか。

初期段階での自己判断も危険ですが、慢性化しないためにも完治するまできちんと治療する必要がありますね。

早乙女タロウ

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です