2017/03/17

アレルギー性鼻炎の薬は漢方がおすすめ!

 
アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎は、花粉、ハウスダストなどにアレルギー体質の人が過敏反応するようになって起こります。

発症すると何度も続く強烈なくしゃみ、しつこい鼻づまり、止まらない水のような鼻水に悩まされます。
また眼の周りのかゆみや充血などのアレルギー性結膜炎を伴ったり、集中力、やる気の減退などが見られる事も多いです。
アレルギー性鼻炎は、西洋薬では決め手となる治療法がありません。
漢方治療を取り入れるケースが増えています。

漢方には、西洋医学でいう「アレルギー」という考えはありませんが、アレルギー性鼻炎で見られる症状は、漢方の水毒の証にかなり合致しています。そこで、漢方治療では、「水」の偏在を調整して、水毒を治す各種の駆水剤などが用いられます。

アレルギー性鼻炎の症状別 効果的な漢方薬は?

体力がない、胃腸も弱い(虚証)

  • 苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)
胃腸が弱い。冷え性
  • 麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)
手足の冷え、悪寒、微熱、無気力

体力はふつう(中間証)

  • 越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)
口渇、発汗量が多い
  • 辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)
局部に熱感や痛み。鼻づまりが強い
  • 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
  • 大青竜湯(だいせいりゅうとう)
鼻水が多い、くしゃみを頻発。尿量減少

体力は比較的ある、胃腸も丈夫(実証)

  • 葛根湯(かっこんとう)
  • 麻黄湯(まおうとう)
肩こり、悪寒、発熱
  • 葛根湯加辛夷川弓(かっこんとうかせんきゅうしんい)
鼻づまりが強い。頭痛、頭重

※「虚証」や「実証」についてはこちら→「漢方薬の選び方~診断方法を知ろう~

アレルギー性鼻炎とは?

ここでは、もう少しアレルギー性鼻炎について知っていきましょう。

花田サキ

くしゃみ・鼻水・目のかゆみ

アレルギー性鼻炎=鼻(び)アレルギーと呼ばれることも。

症状は、

  • くしゃみ発作
  • 多量の鼻水
  • 鼻づまり
  • 目のかゆみ
  • 涙目
  • 頭痛
  • 嗅覚障害

とツライものが挙げられますが、人によって、特に目のかゆみが強かったり、鼻水の量が多かったりと、症状の特徴も多種多様です。

上記の内の3つが症状として揃えばアレルギー性鼻炎と言えるでしょう。

また、

  • 決まった季節だけ発作が起こる:季節性アレルギー性鼻炎
  • 季節に関係なく起こる:通年性アレルギー性鼻炎

があります。

アレルギー性疾患が増えている

元々、医学用語だった「アレルギー」という言葉は、今や日本語としてすっかり定着し広まっています。
そして、アレルギー性疾患は右肩上りに増え続けていて、アメリカではなんと全人口の10%の人に何らかのアレルギー性疾患が見られるのだとか(出典:【新赤本】第六版家庭の医学:株式会社保健同人社)。

日本でもさらに10%以上の人がアレルギー性疾患を患っているのだとか。

先進国でのアレルギー性疾患の広がりが多くなっているのが特徴です。

また、アレルギー性疾患にも様々な症状がありますが、日本人においては鼻の疾患=アレルギー性鼻炎が20~30%もの比率になっているそうです。

近代化に伴い増えているアレルギー性疾患ですが、

  1. 社会生活が複雑になってストレスが増加した
  2. 加工食品が普及して摂取する栄養のバランスが崩れた
  3. 大気汚染などの公害の影響
  4. 化学繊維・医薬品・洗剤・殺虫剤・化粧品など本来自然界にないものが生活に入り込んできた
  5. 子供を過保護に育て、勉強のために体力が低下した。母乳ではなく、人工乳で育てられる。鶏卵の多量摂取等による食物抗原(アレルギーを引き起こすもの)の増加
  6. 抗菌薬の発達、普及によって、化膿性疾患が減り、結果として抵抗力がなくなり、アレルギー性疾患の増加
  7. 通勤圏が広がり、郊外まで住む範囲が広がったことにより、花粉が多い地域に住むようになることでの花粉症の増加

以上の原因が挙げられます。

アレルギー性鼻炎の原因は?

ハウスダスト

抗原(アレルゲン)として花粉症が多くなっていますが、結果的に一番多いのはハウスダストが原因のアレルギー性鼻炎です。

通年性アレルギー性鼻炎の原因としては最も重要なものとして考える必要があります。

寝具・敷物・衣類などから出てきた塵やホコリが代表的ですが、他にも、綿・絹・羊毛・化学繊維・人やペットのフケや垢・羽毛・ダニ・カビ・細菌など実に多くのものが原因となっています。

この中で最もアレルギー性鼻炎に対して影響があるものがダニです。

花粉

季節性アレルギー性鼻炎のアレルゲンの代表格が花粉です。
開花中に飛び散る花粉を吸うことで起こるアレルギーです。

このように、人と花粉が接触することで起こるアレルギーを「花粉症」といいます。

ブタクサ・スギが代表的です。0.02mmという花粉の大きさですから、鼻の粘膜まで届いてしまいます。
鼻の粘膜から吸収された花粉は、気管支まで到着することはあまりないので、気管支炎にまで発展することはありません。

  • ブタクサ:8~9月
  • スギ:3~4月

に開花します。しかし、今の日本では、他にもアレルゲンとなる植物がたくさんありますので、絶えず周りには花粉症の人がいる状況になっています。

スギ花粉で花粉症だったはずなのに、気付けば秋まで鼻水が止まらない、と言う人は、いろんな花粉症に罹っているケースも少なくありません。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
スギ科(関東)
スギ科(四国・中国)
ブナ科(関東)
ブナ科(四国・中国)
カバノキ科(関東)
カバノキ科(四国・中国)
イネ科(関東)
イネ科(四国・中国)
ヨモギ科(関東)
ヨモギ科(四国・中国)
ブタクサ科(関東)
ブタクサ科(四国・中国)
カナムグラ※Google画像検索(関東)
カナムグラ(四国・中国)

上の表のように、冬以外は絶えず花粉症になる可能性があります。

食物アレルギー

ハウスダストや花粉のように吸い込んでアレルギー症状を誘発するものの他に、食べ物でアレルギーになるケースがあります。

食物アレルギーの場合には、鼻炎だけではなく、皮膚に何かしらの症状を伴ってたり、呼吸困難や喘息のような症状が併発するケースがあります。

 

最近では、様々な治療薬が開発されていますが、誰にでも効く、というものはなかなかないのではないでしょうか。原因とされるアレルゲンの特定もできないような場合には漢方薬が役立ちます。

自分で判断せずに、漢方薬の専門家に相談の上、処方してもらいましょう。

花田サキ

 

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です